立川のリフォーム専門会社は様々な事例に対応可能で安心して依頼可能

家を描く

初めて立川で二世帯住宅へのリフォームを行うなら間取りを意識

初めて、二世帯住宅へリフォームをするのは楽しみなことでしょう。そんな二世帯住宅の間取りは大きく分けると3つあります。完全分離型の間取りは二世帯が完全に区切られています。1つの建物に玄関が2つあり、生活空間が完全に分かれているのでプライバシーの確保が容易です。子供の独立や親の他界などで同居を解消する際には、賃貸に出すことも可能というメリットもあります。一方ですべての設備を二世帯分用意するため、リフォームコストは高くなる傾向があります。部分共有型ではリビング・ダイニングキッチンなどを共有して交流する場を確保しつつ、各々の世帯のプライバシーも確保できるというメリットがあります。一方で玄関やリビング、浴室など何をどこまで共有するのかを生活文化、時間の違いなども考慮して、十分に検討することが必要です。
一体型は個人の個室以外を全て二世帯で共有します。そのため設備にかかる費用に重複がなくコスト面で有利になります。また生活空間が一緒なので、子供の世話を親世帯に頼る場合や親の介護が必要になった場合などは、シームレスで便利な間取りになっています。一方でトイレや洗面台、収納が不十分だとストレスにつながります。自分たちだけでは気づかない点も多いので、二世帯住宅へのリフォームは専門業者に依頼するのがおすすめです。